憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

タグ:保護強度

【対話】旧司法試験 平成22年度(第1問) 憲法の分析(3)

払猿 :保障範囲を制限するという神渡さんの主張に対して阪奈さんはどう反論しますか? 阪奈 :営業の自由と自己実現の関係をどう考えるかですよね。 私としては、営業の開始・終了だけを「営業の自由」の核心としたのでは、「営業の自由」の保障は片…

詳細を見る

【対話】旧司法試験 平成22年度 憲法の分析(2)

払猿 :A県下の洗髪設備なしの理容所が現状のままでの営業が出来ないという不利益を憲法論としてどう組み立てたら良いでしょうか? 流相 :え~と、営業の自由の侵害と構成します。 払猿 :営業の自由は、憲法何条で保障されていますか? 流相 …

詳細を見る

【対話】司法試験 平成25年度憲法の分析(その2)

払猿:デモ行進が「集会・・・の自由」で保障されるとする神渡さんの保護範囲論の論証は良かったですね。憲法21条1項の条文をよく読んでいることが伺えました。 では、続けてください。 神渡:次は、(3)正当化論です。 本問では、Aは「社会福祉関係…

詳細を見る

【対話】憲法(事例問題の解法~審査基準論vs三段階審査論)その9

払猿:では、次に、「三段階審査論」からは、どうなるでしょうか? もう一度、「審査基準論」と「三段階審査論」とを比較しておきましょう。 このようになりますね。 「三段階審査論」では、「白タク営業事件」をどう分析することになりますか?…

詳細を見る

【対話】憲法(事例問題の解法~審査基準論vs三段階審査論)その5

・・・その4からの続き。 払猿:権利論に基づく憲法的論証と三段階審査論に基づく憲法的論証の一番の違いは、「審査基準論」と「比例原則」にあります。 阪奈:「比例原則」は行政法で勉強しました。 払猿:そうですね。「比例原則」は行政法で出てく…

詳細を見る

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

23人の購読者に加わりましょう

Twitter

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

About Copy Right

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。
※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。