憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

タグ:共犯

「純粋惹起説」とは?【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論12

神渡: 正犯行為がなくても結果との間に因果関係があれば共犯処罰が可能との「純粋惹起説」だと、「共犯独立性説」と同じような気がしますが・・・ 流相: あ~、たしかに!  「純粋惹起説」も「共犯独立性説」もどちらも、共犯者にとっては他人であ…

詳細を見る

「因果的共犯論」も一枚岩ではない!【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論11

玄人: 「不法共犯論」も「因果的共犯論」と同じく「惹起説」でくくって考えてもいいんだが、「実行行為の創出(促進)」を共犯の処罰根拠とする「不法共犯論」と、「正犯を介しての結果の因果的惹起」を共犯の処罰根拠とする「因果的共犯論」の大きな違いに…

詳細を見る

規制的機能【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論10

神渡: 現在では、刑法の目的を「法益保護」とする点で争いはないはずです。  そうしますと、「不法共犯論」ではなく、「因果的共犯論」になるべきにも思うのですが・・・ 流相: そういえばそうだよね?  どうしてだろ?  もしかして、行為…

詳細を見る

実行行為の創出・促進【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論9

神渡: 「不法共犯論」では、共犯は、正犯から可罰性を借り受けているのではないかな?という疑問が・・・  「不法共犯論」では、正犯者に故意を生じさせて、実行行為をさせることが、教唆犯の処罰根拠ということになります。  この考えは、共犯者自…

詳細を見る

相違点(「因果的共犯論」vs「不法共犯論」)【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論8

神渡: 内容は分かったのですが、その「不法共犯論」は「因果的共犯論」と違うのでしょうか?  「不法共犯論」も惹起説とか促進説とか呼ばれているとのことなのですが、「因果的共犯論」も別名、「惹起説」と呼ばれていると記憶しているのですが・・・ …

詳細を見る

結果無価値論からの「共犯処罰根拠」の基礎付け【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論6

流相: 「共犯独立性説」は「主観主義刑法理論」を前提とする考えだから、採用することはできない。  「客観主義刑法理論」からは「個人責任原則」に立脚した「共犯の処罰根拠論」をどう導き出すのですか? 玄人: それには、そもそも何故、共犯借受…

詳細を見る

「個人責任原則」に基づく「共犯の処罰根拠論」【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論5

玄人: これからが「共犯の処罰根拠論」の始まりだ。 流相: いよいよ、「因果的共犯論」に突入ですね。 玄人: ・・・  残念ながらまだだ!  なんで途中をすっ飛ばすんだ? 流相: そうなんですか? 玄人: 「主観主義刑法理論」を…

詳細を見る

「実行行為」をしない共犯【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論4

玄人: この「刑罰拡張事由」としての共犯の理解は、「客観主義刑法理論」を基礎とするんだ。 流相: 外部に現れた”行為”を処罰対象とする「客観主義刑法理論」からどうして共犯が「刑罰拡張事由」となるのですか?  狭義の共犯であっても、幇助行…

詳細を見る

真逆の発想!【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論3

阪奈: 「主観主義刑法理論」からは、(1)正犯の場合も(2)幇助の場合も、どちらも行為者の「犯意」は同じくらい悪質だから、この理論を貫くと「正犯」と「共犯」の違いはないことになります。 玄人: 「主観主義刑法理論」を貫くとそうなる。  …

詳細を見る

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

23人の購読者に加わりましょう

Twitter

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

About Copy Right

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。
※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。