憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

【対話】司法試験論点分析-答案の書き方<結論から書くべきか?>-2

流相:阪奈、昨日で神渡さんが言っていた記事
『結論から書く司法試験答案-実務教育としてのリーダー・フレンドリーな答案の書き方』
読んだ?

阪奈:もっちろんよ!!

流相:じゃ、玄人先生の研究室へ行こうか?
神渡さん。

神渡:えぇ、お願ね。

阪奈:こんなやつなんかにお願いすることはないわよ!

流相:(ふん!)

-----コンコン-----

流相:玄人先生、いらっしゃいますかぁ?

玄人:おー、いるよ!
どうぞ。

流相:おじゃましま~す。

阪奈:失礼しま~す。

神渡:失礼します。

玄人:おっ、いつものトリオじゃないか。
どうした今日は?

流相:今日は、答案の書き方について質問に来ました。

神渡:答案の書き方で悩んでいまして・・・

玄人:答案の書き方?
難しいのか?
理解していれば書けるだろうに・・・

阪奈:それはそうですが・・・
それを言われると、受験生としてはちょっと困ります。

玄人:どこで困っているんだ?

神渡:法学セミナーの特別企画で田中先生が、答案は

「結論から書きなさい」

神渡:と指導されているんです。

流相:受験界では、結論から書くというのはあまり聞かないです。
1 問題提起
2 規範定立
3 あてはめ
の順に答案を書くのが王道かと・・・。
それが、結論から書け、というわけですから、僕たち受験生は困っているんです。
困っているのは僕たちだけかもしれませんが・・・。

玄人:そういう問題のことか!
その記事は僕も読んだよ。
面白かった。
で、田中先生は、何故結論から書くように、とおっしゃっているの?

神渡

答案は、判決書と同じように書くべきである

神渡:という見出しの下に、

司法試験という実務家登用試験は、(裁判官になるか否かを問わず)優れた判決書を書けるような人材を選ぶための試験といえる

神渡:とされています。

玄人:その通りだな!
1 判決書は結論から書く。
2 司法試験は、優れた判決書を書けるような人材を選ぶための試験である。
3 よって、司法試験でも結論から書くべきだ。
ということだな。

神渡:理屈はよく分かりますし、そうしたいのですが、難しいんです。

玄人:そうかもな。
結論から書くのは初めは難しいかもしれない。
しかし、受験生が目指すべきは、田中先生がおっしゃる地点だと僕も思う。
もっとも、物事には順番があるから・・・

流相:ですよねぇ。

阪奈:いつも物事の順番をすっ飛ばす流相が言うんじゃな~い!

流相:・・・

玄人:じゃ、
・結論から書くのが何故難しいのか?
・どうすれば結論から書けるようになるのか?
について検討してみよう。

---次回へ続く---

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

23人の購読者に加わりましょう

Twitter

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

About Copy Right

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。
※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。