憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

帰責事由vs免責事由ー【合意原則】7ー司法試験【対話式 論点分析】

流相: うん、たしかに。
 どうして「合意原則」を重視する先生は「過失責任主義」を債務不履行責任に妥当させてはダメだと考えているのですか?

初戸: それは、「合意原則」を重視する私たちは、「契約の拘束力」を重視するからです。

流相: 「契約の拘束力」というのは、“契約を遵守すべき”、という意味ですよね。

阪奈: そうね。
 で、債務者が債権者の利益(契約利益)を実現することを契約により保障した以上、債務者の行動の自由を保障することを主眼とする「過失責任原則」が債務不履行責任にも妥当するということは支持し得ない、と「合意原則」支持者は考えているということなの。

初戸: おっしゃる通りですね。
 潮見先生もその著書の中でそう書いておられます(潮見佳男『プラクティス民法 債権総論(第3版)』(信山社、2007年)111頁)。
 大きな枠組みで説明すると、次のようになります。

“「合意原則」に基づき、債務者は、契約により引き受けた結果が実現されることについての責任を引き受けるべきで、契約の本旨に従った履行がない以上は、債務者は原則として債務不履行責任を負い、ただ、不可抗力や債権者に帰責性がある例外的な場合に債務者の免責を認める”

ということになります。

神渡: 契約の本旨に従った履行がないことを充たせば、その不履行について債務者の故意・過失は不要だという理解で宜しいでしょうか?

初戸: そういうことになります。

流相: 契約と不法行為ってそんなに違うんですか?

阪奈: …
 何言ってんだか。

流相: 債務者にだって行動の自由はあるんじゃないかと。

阪奈: それは契約を履行しない自由ということ?

流相: まぁ、そういうことだね。

初戸: 伝統的立場はそういう自由を認めているでしょうね。
 履行しない場合は、債務不履行責任で解決すればいいと。
 たしかにそういう考えもあるでしょう。
 しかし、「合意原則」を重視すると、合意した以上、その合意は遵守されるべきなのですから、合意を破る自由はもはや債務者には認められないことになります。

流相: なるほどです。
 たしかにそうなりますね。

神渡: さきほど、初戸先生は、“免責”という単語を使用されていましたが、“免責”と“帰責事由”というのは違うのでしょうか?

初戸: 鋭い質問ですね!
 もちろん違います。
 結論から言うと、

契約上の危険分配の枠外にある外在的なリスク・障害(不可抗力および債権者に帰責性のある障害)(潮見・前掲書111頁)

が生じた場合に債務者の責任を否定する理屈が“免責”ということになります。

流相: 「外在的」?ということは、“内在的”リスク・障害ということもあるのでしょうか?
 難しい…

---次回へ続く---

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

23人の購読者に加わりましょう

Twitter

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

About Copy Right

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。
※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。