憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

「因果的共犯論」vs「不法共犯論」【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共犯論7

玄人: ”実行行為”をしない共犯が何故処罰されるのか?
 これをめぐって生じた議論が「絶望の章」「暗黒の章」としての「共犯論」の始まりなんだ。

神渡: ・・・
 い、今から始まるのですか?

玄人: そうだ。

流相: え~~!

玄人: 結果(法益侵害)を重視する平野先生、行為を重視する従来の客観主義刑法理論の対立だ。

結果vs行為

玄人:という図式だな。

流相: 因果的共犯論、不法共犯論、責任共犯論とかの対立ですね。

玄人: そうなる。
 ただ、それぞれの説が前提とする考え方をしっかり押さえておかないと絶望・暗黒から脱出できない!

流相

結果無価値vs行為無価値

流相:の対立のことですか?

玄人: 良いところに気がついた!
 実は、共犯の処罰根拠論の対立は、今流相が言ったように、「結果無価値」と「行為無価値」の対立なんだ。

流相: やっぱりね!

阪奈: 調子に乗ってるんじゃないわよ!

流相: お~、怖っ!
 結果無価値論からだと、「因果的共犯論」になるよね。

阪奈: そうね。

流相: じゃ、行為無価値論からだと「不法共犯論」?

神渡: あの、すみません。
 そもそも「因果的共犯論」と「違法共犯論」の違いは何でしょうか?

玄人: 良い質問だ!
 ここを押さえないと議論が進まない。

阪奈: 「因果的共犯論」は正犯を介しての結果の因果的惹起ということね。
 つまり、正犯を介して因果関係のある結果を引き起こしたから共犯は処罰されるというのが「因果的共犯論」なの。

流相: で、「不法共犯論」は、大塚仁先生の本によれば、

共犯者は正犯者の故意を惹起して違法な犯罪行為にいたらせ、またはその援助行為によって違法な正犯行為を促進したと解する(大塚仁『刑法概説(総論)第三版』(有斐閣、1997年)274頁)

流相:見解のことなんだ。
 惹起説とか促進説とも呼ばれているんだよ。

神渡: 内容は分かったのですが、その「不法共犯論」は「因果的共犯論」と違うのでしょうか?
 「不法共犯論」も惹起説とか促進説とか呼ばれているとのことなのですが、「因果的共犯論」も別名、「惹起説」と呼ばれていると記憶しているのですが・・・
 違いがあるのかないのかよく分かりません・・・。

---次回へ続く---

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

23人の購読者に加わりましょう

Twitter

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

About Copy Right

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。
※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。