憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

不真正不作為犯の処罰時期は?【対話】司法試験論点分析◇刑法過去問講義-その14-◇平成26年度[刑事系科目 第1問]

阪奈: そうだと思うわ。
 だって、殺人罪の不真正不作為犯での処罰は、生命の具体的危険が生じているにもかかわらず、保障人的地位にある者がその生じた生命の危険を消滅させるために期待された作為をしない(=不作為)場合に肯定されるわけだから、論理的に、生命に具体的危険が生じたことが保障人的地位の議論に先行するはずよ!

流相: え~~?
 そんなこと教科書のどこにも書いてないと思うんだけど・・・

玄人: たしかに明記はされていないかもな。
 でも、不真正不作為犯処罰は作為正犯(既遂)との同価値性がある場合に肯定されるのだから、基本的に、作為正犯の処罰とパラレルに考える必要があるはずだ。
 保障人的地位というのは、作為正犯(既遂)処罰に必要な要件、たとえば実行の着手時期、を充たすことを前提に作為正犯(既遂)処罰との同価値性を確保するためにさらに要求された要件なんだよ。
 不真正不作為犯で保障人的地位が要求されたそもそもの理由をしっかり押さえておかないと不真正不作為犯を理解することはできない。

流相: へぇ~。
 言われてみるとたしかにそうですねぇ。
 う~ん、不真正不作為犯ってやっぱり難しい・・・

神渡: でも、作為正犯との同価値性という指標に照らして不真正不作為犯処罰の要件を考えるわけだから、作為正犯と不作為正犯の比較をすればいいのよね。
 今までは、どう考えればよいか分からなかったけど、今日はなんか天から蜘蛛の糸が降りてきたような感じだわ。

流相: 神渡さんは罪人じゃないよ。
 阪奈女史が・・・

阪奈: え”っ?

神渡: あっ、ごめんなさい、小説の話じゃないのよ。
 たとえ話。

流相: だよね~、あははは。

阪奈: 何も面白くないわよ!
 勉強する気あるの?

流相: あるけどさ、教科書に書いてないことばっかりなんだもん。
 教科書に書かれていないことを理解するの大変じゃないか?

阪奈: そこを読み取るのが勉強なんじゃないの?
 全部教科書に書いてあるんだったら、教科書を覚えれば勉強は終りということよ。
 それだったら記憶力が優れている人しか合格することができないわよ。
 私はそんな試験はまっぴらごめんよ!

流相: それは僕もそうですけど・・・

阪奈: 読み取れなかったのなら読み取るように勉強すればいいじゃない!
 考えながら読む癖をつければ読み取れるわよ(きっと)。

神渡: 一緒に頑張りましょうね。

流相: OKです。頑張ります!
 さて、どこまで進みましたっけ?

---次回へ続く---

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

23人の購読者に加わりましょう

Twitter

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

About Copy Right

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。
※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。