憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

プロローグ

神渡(かんと)は、国立大学のロースクールに入学した新入生。
彼女は、理系(IT系)の学部を卒業してロースクールに入学した異色の存在だ。
もちろん、これまで法律を全く学んだことはない。

これから、未知の分野に挑戦だ!
シラバスによれば、初めての講義は、
「法学概論」 となっている。
4月の開講前の1週間で集中講義をするという形だ。
「法律は何をするのだろう?」
私は、希望と同時に不安で胸が一杯になった。 

「法学概論」の先生は、玄人(クロード)と書かれてあった。
彼は、本来は刑法の先生らしい。
「玄人教授か、珍しい名前だなぁ」
(自分の名前の珍しさを棚に上げて)私は、そう思った。 

玄人先生が指定した教科書があったので、講義が始まる前に読んでみることにした。 
法律は、
法的紛争』を解決するための道具だの、 
法的紛争を解決するためには、
(1)『事案の分析
(2)『判断枠組の設定
(3)『当てはめ
が必要だと書いてある。

そもそも
「『法的紛争』とは何だろう ?」
「『事案の分析』」とは何をするのだろう?」
「『判断枠組の設定』 って何だろう?」
「『当てはめ』って何をするのだろう?」

「全然分からないわ」
(思わずそう呟いた)

私は、玄人先生が指定した教科書を読んだことを後悔した。 
と同時に、全くの畑違いのロースクールに入学したことは失敗ではないか?と強く不安に思った。
後悔と不安を抱いたまま、初受講の日がやってきた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

23人の購読者に加わりましょう

Twitter

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

About Copy Right

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。
※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。