憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

カテゴリー:刑法総論

【対話】司法試験刑法総論・原因において自由な行為の分析(1)

玄人 :今日は、原因において自由な行為論の分析に入る。 実行行為の理解と責任の理解が要求される点で刑法総論の中でも難しい論点なので頑張って欲しい。 では、具体例から行こう。 流相 :次のような事例があります。 ≪Aが酒の力を借りて甲…

詳細を見る

【対話】方法の錯誤(その5)

玄人:説同士の批判には気をつけないといけない。相手を黒くしておいて、その黒さを批判することが多々あるからだ。学説の分析はしっかりしないといけない。 それはそうとして、「その人」の認識の要否は、規範、構成要件の理解において、両説でどうなってい…

詳細を見る

【対話】方法の錯誤(その4)

玄人:では、「具体的法定符合説」と「抽象的法定符合説」の構成要件の理解の違いを見ていこう。 まず、規範を類型化したのが構成要件だ、という点で、両説は共通する。 どこが、違うのだろう? 阪奈:「具体的法定符合説」は、「その人」の認識を必…

詳細を見る

【対話】方法の錯誤(その3)

阪奈:流相くんが言った批判が有名であることは分かりますが、その批判自体が具体的符合説を誤解したことに基づく批判ですので、間違っていると私は言っているのです。 流相:(そんなバカな) どういうことですか? 阪奈:まず、結論として、具体的…

詳細を見る

【対話】方法の錯誤(その2)

玄人:錯誤論を検討する前に、まず故意論で事案を解決することができないかを検討することが鉄則であることに気をつけること! その上で、今日は、Aに乙殺害の未必の故意がないことを前提として議論を進めよう。 さて、方法の錯誤について、学説はどう対立…

詳細を見る

【対話】方法の錯誤

玄人:今日は、錯誤論に入ろう。錯誤は、故意の裏返しだから、錯誤論から故意論に戻り、故意論から錯誤論を検討するというような感じになるだろう。 さて、今日も頑張ろうか。 錯誤論のうち、方法の錯誤を検討しよう。具体例は何があるだろうか? 神渡:は…

詳細を見る

【対話】被害者の同意(錯誤)その6

玄人:角膜摘出事件について検討しよう。 阪奈:選択可能性の問題としては、母親には自分の角膜を提供しないという選択肢は論理的にはありますが、実際には角膜を提供せざるを得ない状況にあると思います。 そうしますと、選択の可能性がないわけですから、…

詳細を見る

【対話】被害者の同意(錯誤)その5

流相:「法益関係的錯誤説」から (1)放棄する法益の正確な認識があり、 (2)放棄意思の任意性 が認められる場合に有効な同意があると考える場合、「条件関係的錯誤説」とどこがどう違うのですか? 阪奈:(2)放棄意思の任意性とは、選択可能性があ…

詳細を見る

【対話」被害者の同意(錯誤)その4

阪奈:たしかに、「法益関係的錯誤説」も、準強姦罪の保護法益を「性的自己決定の自由」と捉えます。 しかし、そこから、ただちに上の例で準強姦罪を成立させることにはなりません。 「性的自己決定」というものには、 (1)性行為に及ぶかどうか、 (2…

詳細を見る

【対話】被害者の同意(錯誤)その3

玄人:「自己決定」の重視か、「パターナリズム」の重視かという実質的な対立点についてはこのくらいにして、理論上の理由を検討しよう。 神渡さんがさっき言ったように、説の対立点は、「動機の錯誤が同意の無効をもたらすか」という点にある。 これについ…

詳細を見る

【対話】被害者の同意(錯誤)その2

玄人:判例の採る「条件関係的錯誤説」が妥当だと考える根拠は? 流相:やはり、生命の重要性です。 自分の命を放棄することに他者が許されない態様で介入することには刑罰をもって対処すべきだと私は思います。 玄人:この点に関して何か意見がある人? …

詳細を見る

【対話】被害者の同意(錯誤)

玄人:これまでは、被害者に有効な同意があったことを前提に議論をしてきたが、これからは、同意が錯誤に基づく場合の議論をする。 具体例は何かな? 神渡:「心中を申し出た恋人Yに対し、Xは追死を装ってその恋人に青酸ソーダを飲ませて死亡させた」とい…

詳細を見る

【対話】被害者の同意(その4)

玄人:構成要件不該当説と違法性阻却事由説との考え方が分かったものとして次に進もう。 違法性阻却事由説の内部で対立はあるかな? 神渡:「社会的相当性説」、「全面不可罰説」、「生命危険説」、「重傷害説」の対立があります。 玄人:これらの説からは…

詳細を見る

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

23人の購読者に加わりましょう

Twitter

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

About Copy Right

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。
※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。