憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

カテゴリー:違法性の意識

故意の成立に必要な事実の認識は?―司法試験【対話式 論点分析】刑法総論・違法性の意識-3

玄人: 具体例は、 Xは、犬猿の仲のYがズボンの後ろポケットに手を入れてスマートフォンを取り出したのを見て、ナイフを取り出したと誤信し、自分の身体を守るために、傷害の故意(未必の故意含む)をもってその腕を叩き落として腕に傷を負わせ…

詳細を見る

誤想防衛の扱い―司法試験【対話式 論点分析】刑法総論・違法性の意識2

玄人: 良い質問だ。  厳格責任説と制限責任説の違いはどこにあるのか?  違いが出る事例を知っているかな? 流相: え~と、たしか…  なんだったっけ? 阪奈: 誤想防衛の扱いだと思います。 流相: あ~~!  そうだった。 …

詳細を見る

故意説と責任説―司法試験【対話式 論点分析】刑法総論・違法性の意識1

神渡: 阪奈さん、違法性の意識ってむずかしいね。 阪奈: そうね、学説が複雑に入り組んでいるからね。 流相: お~い!神渡さ~ん!  そこにいたんだねぇ。 阪奈: あっ、見つかった… 流相: はぁはぁはぁ、久しぶりに走ったから息が…

詳細を見る

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

26人の購読者に加わりましょう

Twitter

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

About Copy Right

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。
※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。