憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

タグ:判例

【対話式】判例分析講座ー“判例の射程”を巡ってー(各論)刑法【承継的共同正犯】

玄人: 判例分析講座の各論が始まる。刑法からだ。意外ではないかな?何故、刑法なのか?と。  これにはちゃんと理由がある。  刑法では、学説の「理論」と「判例理論」との乖離がとても大きい。学説からしたら判例は恣意的以外の何物でもなく、批判…

詳細を見る

【対話式】判例分析講座ー“判例の射程”を巡ってー(総論)完結版

約9,000字 開講 神渡: このロビーって、話をするには最適な場所ね。  ふかふかなソファーが4つもあって、何時間でも座っていられるもの。それに静かだしね。  そうそう、そういえば、『判例分析講座』がいよいよ始まるわね!  阪奈…

詳細を見る

「限定承継説」を導くことは難しい・・・【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共同正犯論11

流相: 平成24年決定が「限定承継説」を全面否定した、という評価については今でも争いがあるんじゃないかな? 阪奈: そうかしら? 流相: だって、平成24年決定の千葉補足意見がこう言っているよ。 いわゆる承継的共同正犯において…

詳細を見る

承継的共同正犯-最高裁平成24年11月6日第二小法廷決定-【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共同正犯論10

玄人: 「承継否定説」はどんな説だ? 流相: 途中参加者には参加後の事実についてのみ共犯の成立を認める(松原芳博『刑法総論』(日本評論社、2013年)386頁) 流相:という考え方です。  つまり、後行者は、参加後の…

詳細を見る

”共同正犯の処罰根拠”と”共同正犯の成立要件”との連動【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共同正犯論7

神渡: すみません。  ”共同正犯の処罰根拠”と”共同正犯の成立要件”はどういう関係に立ちますか? 流相: ん? 神渡: つまり、”共同正犯の処罰根拠”についてここでは2つ検討しました。 ・実行行為の相互利用補充関係に注目す…

詳細を見る

”謀議”概念-練馬事件判例を参考に-【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共同正犯論6

流相: だけど、”謀議”ってなんだろう?  単なる意思疎通や意思連絡を言うんですか? 阪奈: ”謀議”の内容に何を盛り込むかは難しい問題ね。 玄人: そうだな。  ”謀議”に何を盛り込むかについては様々な議論があってややこしい。 …

詳細を見る

共同正犯の成立要件は?-練馬事件判例を参考に-【対話】司法試験論点分析・”暗黒の章” 共同正犯論5

神渡: どういう場合に、双方向的に因果的影響を及ぼしあったといえるのか?が”共同性”を理解する上でポイントになりそうね。 流相: ・・・  相変わらず鋭いねぇ。 神渡: ”因果的影響”というのは、心理的・物理的因果性のことですよね? …

詳細を見る

権利・自由を制約する憲法論!【対話】司法試験論点分析◇合格方法論◇15

阪奈: 見たくない、知りたくないことに目をつぶる、目をつぶるだけじゃなくて排除する、というその思考に被告人としては一番怒りを感じるんじゃないかしら?  だから、立入りが管理権者の意思に反すれば「侵入」に該当するという「侵入」の解釈を、政治…

詳細を見る

「侵入」(刑法130条)の解釈を争う【対話】司法試験論点分析◇合格方法論◇14

上場: 次に分析する国家行為は何ですか? 流相: 次は、政治ビラ配布行為に住居侵入罪(刑法130条)の適用を検討する裁判所の法解釈行為です。 阪奈: つまり、裁判所による、住居侵入罪の構成要件の解釈行為ということね。 流相: 僕、そう…

詳細を見る

判例は読み飛ばさないこと【対話】司法試験論点分析◇合格方法論◇13

神渡: 公訴権濫用論に触れた昭和55年裁決を読んでみますと、こう書いてあります。 (検察官の裁量権の逸脱が公訴の提起を無効ならしめる場合のありうることを否定することはできないが、)それはたとえば公訴の提起自体が職務犯罪を構成するよ…

詳細を見る

検察官の起訴裁量を制限することはできないか?【対話】司法試験論点分析◇合格方法論◇12

阪奈: もっとも保障されるべき政治的言論の行使について安易に犯罪、ここでは住居侵入罪を成立させていいのか?というのがこの事案に昭和55年最決の射程が及ぶかを検討する際のポイントになると思うわ。 上場: そういうことですね。  では、神渡…

詳細を見る

政治的言論と公訴権濫用【対話】司法試験論点分析◇合格方法論◇11

上場: 公訴権濫用論に触れた昭和55年最決はどういった事案でしたか? 阪奈: 公害のチッソ事件にからんだ傷害事件です。  水俣病患者の被告人が加害企業のチッソ株式会社との補償交渉の際に、被告人がチッソ従業員を手拳で殴打したりして、従業員…

詳細を見る

判例の射程を分析する【対話】司法試験論点分析◇合格方法論◇10

上場: では、さらにどういう構成が考えられるのか、次の国家行為を分析してみましょう。  無理そうでもなんとかできないか?という粘りの思考が要求されますね。 流相: 逮捕の次は、検察官の起訴行為の分析になると思います。 上場: そうです…

詳細を見る

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

17人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム