憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

【対話】司法試験論点分析-国際私法(総論)3

神渡 :(錆新先生って、女性だったのね。しかも、若い!30代だと思うけど、もう教授なの?)
錆新 :あ、忘れないうちに、指定した教科書等の確認をしましょう。
(1)松岡博[編]『国際関係私法入門(第3版)』(有斐閣、2012年)
(2)横山潤[著]『国際私法』(三省堂、2012年)
(3)澤木敬郎・道垣内正人[著]『国際私法入門(第7版)』(有斐閣双書、2012年)
(4)道垣内正人[著]『ポイント国際私法 総論(第2版)』(有斐閣、2007年)
(5)道垣内正人[著]『ポイント国際私法 各論(第2版)』(有斐閣、2014年)
(6)古田啓昌[著]『国際民事訴訟法入門』(日本評論社、2012年)
(7)本間靖規・中野俊一郎・酒井一[著]『国際民事手続法(第2版)』(有斐閣アルマ、2012年)
(8)櫻田嘉章・道垣内正人[編集]『注釈国際私法 第1巻』(有斐閣、平成23年)
(9)櫻田嘉章・道垣内正人[編集]『注釈国際私法 第2巻』(有斐閣、平成23年)

教科書は、(1)です。後は、参考書という位置づけです。
(3)(4)(5)は、国際私法の入門編で、
(6)(7)は、国際民事手続法の入門編です。
(8)(9)は、さらに詳しく調べたいときに使う辞典という位置づけです。
論文勉強の進度に合わせて使い分けてください。
錆新 :まずは、国際私法の範囲を分析しておきましょう。

国私(分野別)

このようになっています。
国際私法には、
(a)狭義の国際私法
(b)国際民事手続法
(c)国際取引法
の3分野が含まれています。司法試験の試験科目である国際私法の出題範囲もこの3つと言って良いでしょう。
この講義では、まず(a)の「思考枠組」について検討したいと思います。
錆新 :結論から言いましょう。
狭義の国際私法の「思考枠組」は次のようになっています。

国私(思考枠組)

すべて、この「思考枠組」に沿って事案を分析していけば国際的私法生活関係(渉外的私法関係)の分析になります。
刑法の「構成要件」「違法」「有責」と同じですね。法律はそもそも一定の枠組ですから、各科目に固有の「思考枠組」というものがあり、国際私法では、上の(1)~(4)が「思考枠組」となるわけです。
問題は、(1)~(4)のそれぞれの内容です。その内容の理解が国際私法固有の勉強ということになります。

・・・(4)へ続く。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

16人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム