憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

【対話】方法の錯誤

玄人:今日は、錯誤論に入ろう。錯誤は、故意の裏返しだから、錯誤論から故意論に戻り、故意論から錯誤論を検討するというような感じになるだろう。
さて、今日も頑張ろうか。
錯誤論のうち、方法の錯誤を検討しよう。具体例は何があるだろうか?

神渡:はい。
Aが甲1人を殺そうと思ってピストルの引き金を引いたところ、甲の横にいた乙に弾があたり、乙が死亡したという事例があります。

玄人:まず、誰へのどういう犯罪を考えるかな?

神渡:死亡した乙への殺人罪の成否を考えます。;

玄人:検討してみてくれ。

神渡:ピストルの引き金を引く行為は、殺人罪の実行行為にあたります。乙という人が死亡しているので、殺人罪の結果の発生もあります。ピストルの引き金を引き行為に含まれる人死亡の危険性が乙死亡結果に実現していますから、ピストルの引き金を引く行為と乙死亡結果との間に因果関係もあります。
違法性阻却事由は認められません。
乙殺人の故意がAに認められるかが問題となります。

玄人:認められる?

神渡:えーと、Aは、甲を殺す明確な意図を有していただけであって、乙を殺す明確な意思は持っていませんでしたから、乙殺人の故意は認められないように思いますが・・・。

玄人:今、神渡さんが良いことを言ったね。確かに、Aは、乙を殺す明確な意思は持っていなかった。
しかし、そのことから直ちに乙殺人の故意がないと言い切れるだろうか?

教室:???

玄人:予習範囲をしっかり予習してきた人は分かると思うが、故意には、確定的故意の他に、未必の故意がある。確定的故意がなくても、未必の故意があれば、故意犯が成立するんだ。

神渡:あっ!分かりました。Aは、乙を殺す明確な意思は持っていませんでしたが、乙殺害の未必の故意があったかもしれません。もしそうであれば、特に錯誤論を検討するまでもなくAに乙を被害者とする殺人罪が成立することになりますね。

玄人:そうなのだ。錯誤論を検討する前に、まず故意論で事案を解決することができないかを検討することが鉄則だ。皆も気をつけるように!
今日は、錯誤論の勉強をしたいので、Aに乙殺害の未必の故意はないことを前提として議論を進める。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

19人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム