憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

【目的効果基準vsレモン・テスト】―憲法過去問(平成24年)―【対話】司法試験論点分析・10

流相: “急がば回れ”か。
 聞いたことはあるな!
 でも、自分一人では、回っている間に別の所も回って、結局どこを回っていたか分からなくリ、迷子になるんだよ。
 全くの非効率!
 だから、この場で解決したい。

払猿: それは良い疑問ですよ。
 試験的には最高裁の「目的効果基準」の定式が使えさえすればいいのでしょうけど、理解した方がその定式をより使いこなせると思いますから。
 では、まず、最高裁の「目的効果基準」の定式と、学説の「目的効果基準」を要約してみましょう。

流相: まずは、最高裁から。

当該行為の目的が宗教的意義をもち、その効果が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になるような行為…

流相:となっております。
 学説では、アメリカ連邦最高裁の判例である「レモン・テスト」に依拠し、次のように言っております。

問題となる政府の行為が、①正当な世俗的な目的を有すること、②その第一次的な効果が宗教を助長したり抑圧したりするものでないこと、③政府を宗教に過度にかかわらせるものでないこと、という3つの基準に照らして、そのすべてに合致した場合に限り政府の行為を合憲とするもの(長谷部恭男『憲法 第6版』(新世社、2014年)191頁~192頁)

流相:としています。

払猿: そうですね。
 最高裁の「目的基準」と「効果基準」はどういう位置づけでしょうか?

神渡: たしか、最高裁は、上記の「目的基準」と「効果基準」を充たして初めて、国家と宗教とのかかわりあいが

相当とされる限度を超える

神渡:ことになり、違憲となると判示していました。
 ということは、上記、「目的基準」か「効果基準」のいずれかを充たさない限り合憲となります。

流相: レモン・テストでは、①②③全てに合致した場合に限り合憲、ということですから、どれかに合致しなかった場合は、違憲となります。

払猿: 最高裁の定式とレモン・テストを比較するとどういうことが言えますか?

流相: え~…

阪奈: 最高裁の定式では、ある国家行為を違憲とするためのハードルが2つあります。
 レモン・テストでは、ある国家行為を合憲とするためのハードルが3つあります。
 つまり、

最高裁の定式では、政教分離に違反して違憲とすることが難しくなり、レモン・テストでは、逆に合憲とすることが難しくなるという違いがあると思います。

 又は、

最高裁の定式では、政教分離に反せず合憲とすることが容易となり、レモン・テストでは、逆に違憲とすることが容易となります。

払猿: そういうことだと思います。

流相: では、どうして最高裁とレモン・テストで上のような違いがあるのでしょうか?
 ベクトルの向きが真逆ですよね?同じ政教分離の議論なのに…
 そこが分かりにくい…

---次回へ続く---

2017年初回の更新となりました。
今年もよろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

16人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム