憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

保障人的地位の共有【対話 司法試験論点分析】承継的共同正犯の山口新説を巡って・4

阪奈: 私も神渡さんに負けないように頑張るわよ~!
 ということで、早速ですが、

後行者は先行者に共謀加担することによって、先行者の保障人的地位を共有する(山口厚『刑法総論[第3版]』(有斐閣、平成28年)375頁)

阪奈:と山口先生はおっしゃっているわね。

流相: 良くわからないなぁ…
 そもそも「保障人的地位」ってどういう場合に認められるんだったっけ?

阪奈: 流相にしては丁寧な質問ね。

流相: お褒めいただきありがとうございます!

阪奈

結果原因の支配」(山口厚『刑法総論 [第3版](有斐閣、平成28年)90頁)

阪奈:を保障人的地位の要件としているわね。

流相: ふ~ん…(よくわからん)

神渡: 承継的共同正犯での「結果原因の支配」というのは、反抗抑圧状態の支配ということ?

阪奈: そうね。
 強盗罪が成立するためには、

暴行(脅迫)→反抗抑圧→財物奪取

阪奈:という因果経過が必要。
 強盗罪が成立するには、反抗抑圧状態があることが必要で、その反抗抑圧状態が強盗結果惹起の原因といえる。
 だから、山口先生の試論で承継的共同正犯が成立するためには、強盗罪の結果惹起の原因である「反抗抑圧状態」を後行者が支配することが必要になるのね。

流相: ほほぉ~。なるほど!
 う~ん…
 でも、後行者って暴行や脅迫を行っていないよねぇ。
 そもそも反抗抑圧状態を惹起したのは、先行者の暴行だろ?
 先行者の暴行に後行者は加わっていないわけだから後行者が反抗抑圧状態という結果惹起の原因を支配していたとは言えないんじゃないかなぁ。

阪奈: 流相のくせに、鋭いツッコミをするわね!

流相: 一言多い!

阪奈: 承継的共同正犯をを不作為犯論で正当化しようとする山口先生の試論においては、そこが肝になるわね。
 その点について、山口先生は、さっきも言ったように、

後行者は先行者に共謀加担することによって、先行者の保障人的地位を共有する(山口厚『刑法総論[第3版]』(有斐閣、平成28年)375頁)

阪奈:とおっしゃっているの。

神渡: でも、さっき流相君が言ったように、後行者は先行者の暴行に何ら関与していないのだから、「反抗抑圧状態」という強盗罪の結果惹起の原因を後行者が因果的に支配しているようには思えないのだけれど…
 後行者が先行者に共謀加担することでどうして後行者が先行者の保障人的地位を共有することができるの?

流相: そうだ、そうだ!
 そこんところがクリアできていない!(はずだ)

阪奈: う~ん…たしかにねぇ…
 山口先生も、

先行者が保障人的地位に立つのは、先行者が暴行や脅迫を加えたから(山口厚『承継的共犯論の新展開』法曹時報68巻2号(2016)18頁)

阪奈:だとおっしゃっているのよねぇ…

---次回へ続く---

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

16人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム