憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

構成要件というフィルター【刑法】の解法獲得のコツ-Part 2-【対話】司法試験論点分析◇合格方法論◇24

上場: では、どういう行為をピックアップしていきますか?

流相: そこなんですよね、僕が悩むのは・・・
 どの行為をどういう基準でピックアップすればいいのか?

上場: まずは、甲の全ての行為をピックアップしていくことから始めると良いと思いますよ。
 その中には、全く刑法的に問題とならない行為もあるかもしれませんが、それは検討の結果、書かないとすればいいわけで。
 その上で、甲の行為に何罪が成立しそうかを分析していくのです。

神渡:(1)行為のピックアップと、
(2)ピックアップした行為への刑法的評価の2段階に分けて分析するということですね。

上場: そういうことです。
 慣れれば、刑法的に問題となりそうな行為だけをピックアップすることができるようになりますが、慣れない間は、神渡さんが言った(1)と(2)を意識的に分けて分析する必要があると思います。

流相:(2)ピックアップした行為への刑法的評価で悩むことが多いのですが、何かコツはありませんか?

上場: そうですねぇ・・・
 たとえば、次の架空の事例で考えてみましょうか。

甲がナイフでAの脇腹を刺して、その結果、Aが死亡した。

上場: 流相君、どう分析しますか?

流相: えっと、殺意はあったのでしょうか?

上場: それは分かりません。
 流相君が初めてAの死体を発見した捜査官だと想定して甲の罪責を検討してみてください。

流相: え~?
 甲に殺意があれば殺人罪(刑法199条)ですが、殺意がなければ傷害致死罪(刑法205条)ですし・・・

上場: まず、Aの死体を発見した場合、何罪の検討からしますか?

流相: えっと・・・
 重い罪からですか?

上場: 通常はそうでしょうね。

流相: ということは、殺人罪から検討します。

上場: 殺人罪の構成要件該当性から検討するのが筋だと私も思います。
(1)殺人の実行行為があるのか?
(2)因果関係はあるのか?
 それを充たしたのであれば、
(3)故意があるのか?
 故意の有無は、客観面から推認するという面もありますからね。

流相: なんだか、あまり馴染めません。
 通常は、問題文に故意の有無などは記載されていますから。

阪奈: でも、捜査機関は、死体発見をきっかけに捜査を始めるわけで、どの構成要件に照らして捜査すべきかをまずは決めないと捜査できないと思うわよ。
 殺人じゃないかと疑えば、殺人罪の構成要件に照らして、殺意の有無を捜査していくので。

神渡: 殺人罪の構成要件というフィルターを通して捜査をしていかないと事実を解明できないですよね。
 だから、早い段階で問題となりそうな構成要件をピックアップしておく必要があるのですね。

流相: 問題となりそうな構成要件のピックアップはどうすれば良いのでしょうか?

---次回へ続く---

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

19人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム