憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

「侵入」(刑法130条)の解釈を争う【対話】司法試験論点分析◇合格方法論◇14

上場: 次に分析する国家行為は何ですか?

流相: 次は、政治ビラ配布行為に住居侵入罪(刑法130条)の適用を検討する裁判所の法解釈行為です。

阪奈: つまり、裁判所による、住居侵入罪の構成要件の解釈行為ということね。

流相: 僕、そう言ったけど?

阪奈: そうだけど、なんか分かりにくい言い方なのよ!

流相: ふん(怒)

神渡: 立川事件(最判平成20年4月11日)では、住居侵入罪の解釈が問題となっていますね。

阪奈: そうね。その点が問題となることは明白ね。

上場: あなた方が被告人の弁護人であるとした場合、弁護人として住居侵入罪の解釈においてどう憲法論を展開しますか?

流相: そうですねぇ、
 被告人は、平穏に立ち入っていますから、その立入行為は「侵入」に該当しない、と主張することが考えられます。

阪奈: それは住居侵入罪の保護法益を住居の平穏と捉える平穏説に立つということね?

流相: そう。

阪奈: それが憲法論とどう関係するの?
 判例は(新)住居権説で固まっているのよ?

流相: だからその(新)住居権説を批判するんだよ。

阪奈: それは分かるけど、憲法的価値に基づくと住居権説ではなくて平穏説になる、という論理を説明しないとダメよね?

流相: ・・・
 まぁ、そうですけど・・・

阪奈: 説明できるのかしら?

流相: さ、さぁ?

阪奈: 私としては、(新)住居権説に立った上で、弁護していった方が良いと思うの。

流相: どうするの?

阪奈: そこをどう考えるのかを考えるのよ!

流相: 禅問答じゃないんだから・・・

阪奈: 私、この判例の事案で感じたんだけど、被告人としては、一番に自衛隊員にイラク派遣の問題点を知って欲しいのよ。
 だから自衛隊宿舎の各戸の玄関ポストに政治ビラを配布したの。
 でも、その行為が住居侵入罪に該当するとして起訴された。
 他の商業ビラは逮捕すらされていないのに・・・。
 つまりは、政治ビラ配布行為については、管理権者が被害届を提出しているけど、他の商業ビラ配布行為については管理権者は被害届を出していないのでしょうね。
 それって、管理権者に都合の悪い政治的ビラは見たくない、だから宿舎内に立ち入ってそのビラを配布して欲しくない、という管理権者の意思の表れよね?

流相: そうだね。

阪奈: 被告人からすると、そこの部分が一番不満なのよ!
 見たくない、知りたくないことに目をつぶる、目をつぶるだけじゃなくて排除する、というその思考に被告人としては一番怒りを感じるんじゃないかしら?

流相: たしかに。
 ・・・だから?

阪奈: だから、立入りが管理権者の意思に反すれば「侵入」に該当するという「侵入」の解釈を、政治的言論の優越的地位の観点から絞っていくべきじゃないかしら?と思うの。

---次回へ続く---

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

16人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム