憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

判例は読み飛ばさないこと【対話】司法試験論点分析◇合格方法論◇13

神渡: 公訴権濫用論に触れた昭和55年裁決を読んでみますと、こう書いてあります。

(検察官の裁量権の逸脱が公訴の提起を無効ならしめる場合のありうることを否定することはできないが、)それはたとえば公訴の提起自体が職務犯罪を構成するような極限的な場合に限られる

神渡:とあります。

流相: 今まで挙げた判示部分と何か変わる部分があるの?

神渡

たとえば

神渡:という文言です。

流相: あっ、本当だ!

神渡: 「たとえば」ということなので、昭和55裁決が判示した「公訴の提起自体が職務犯罪を構成するような極限的な場合」というのは、公訴権濫用論が適用される一例にすぎない、と最高裁は考えているのではないでしょうか?

流相: あ~、なるほどねぇ・・・
 「たとえば」という文言にはまったく気がつかなかったよ。
 判例は読み飛ばしちゃだめだねぇ・・・

阪奈: 昭和55年裁決の射程が今回の事案には及ばない、と弁護人が主張するにあたって、神渡さんが今言った文言は十分に武器になりそうね。
 なるほどねぇ。

上場: 私もその主張は良いと思いますよ。
 とにかく、昭和55年裁決の射程を外すためにはどうしたら良いのか?ということを考えることが弁護人としてはとても大切になると思います。
 確定した判例があるからと言って、安易に諦めるのでは弁護士として仕事ができませんしね。
 また、全く同じ事案も二つとないわけですから、確定した判例の事案と全く同じ事案というのは存在しないわけで、事案のその違いが判例の射程にどう影響してくるのか?という意識は仕事をする上で常に持っておく必要があると思います。

流相: ホントにそうですね。
 これから常に意識したいと思います。

上場: では、次の国家行為を分析しましょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

16人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム