憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

(新)司法試験過去問分析の必要性 【対話】司法試験論点分析◇刑法過去問講義-その1-◇平成26年度[刑事系科目 第1問]

流相: さて、今日は、司法試験平成26年の刑事刑第1問、刑法の検討だね。
 司法試験過去問検討の自主ゼミ初回だね。

神渡: そうね。
 でも、私に解くことができるのかしら?

流相: 大丈夫だよ!
 神渡さんは僕が言うのもなんだけど、とても頭が良いもん!!

阪奈: そうよ~、
 それに比べ、流相はちょっとねぇ~、残念!

流相: はいはい。
 頑張りますよ。

阪奈: 場所は、ここで良いのかしら? 

流相: この部屋は僕が予約で押さえたから3時間大丈夫。

神渡: 流相君、ありがとう。

流相: いやいや、当然のことです。

阪奈: さっそく始めましょう。
 問題文はコピーしてるわね?

流相: もっちろん!
 そんなに長くはないよね。

阪奈: まずは甲の罪責から検討ね。

流相: その前に、今更なんだけど、なんで旧司法試験の過去問じゃなくて、(新)司法試験の過去問を検討するの?
 玄人先生は、旧司法試験の過去問分析に力を入れるようにって言っていたと思うんだけど?

阪奈: 玄人先生がおっしゃっていたことはもちろん分かっているわ。
 旧司法試験の過去問を分析することは当然するわよ。
 でも、(新)司法試験は、事案が詳しくなっていて事実の評価が不可欠になっているから、”法的枠組み”に照らした事実の評価の練習もすべきだと思うの。

神渡: たしかにそうね。

流相: まぁね。
 しかも、平成26年刑事系科目第1問は、難しい解釈論を展開することは要求されていないようだしね。

阪奈: そうなのよ。
 旧試験のように、決して難しい解釈論は要求されていない。
 でも事案は旧試験とは比べものにならないくらい複雑になっているの!
 ということは、(新)試験では、”法的枠組み”に照らして、事実の評価をしっかりしているかどうかにかなりの点数が振られているんじゃないかしら?

流相: そうだろうねぇ。

阪奈: しかも、事実の評価を上手くできない、ということは、そもそも”法的枠組み”をしっかり理解していない、ことが原因という場合もあるから、そのときは、旧試験の問題や学説をしっかり分析するという勉強をすればいいわけで。

神渡: それはあるわね。
 あと、事実認定の仕方というのかしら?そこの勉強にもなると思うし。

阪奈: そういうことね。
 まずは『敵を知る』ことが私たちには必要ね。
 ということで、平成26年刑事系科目第1問、刑法の問題から分析してみましょう。

---次回へ続く---

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

21人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム