憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

【対話】司法試験論点分析-判例分析講座-<開講>

神渡:このロビーって、話をするには最適な場所ね。
ふかふかなソファーが4つもあって、何時間でも座っていられるもの。それに静かだしね。
そうそう、
そういえば、『判例分析講座』がいよいよ始まるわね!

阪奈:そうね。各科目の先生方が専門分野の法律(法)の判例を分析する講座ね。

神渡:楽しみ!

阪奈:そうね。
あっ、流相が・・・

流相:やぁ、神渡さん!
今日も元気そうで。

神渡:流相君、どうしたの?
重そうな本を持って。

流相:ああ~、これは判例集だよ。

神渡:こんな書籍見たことないわ。

流相:最高裁判所がまとめている判例集だからね。
僕たち受験生はめったに見ない代物だね。

阪奈:なんで流相がそんな書籍を持っているのよ?

流相:いや、刑法の玄人先生にちょっと頼まれてね。
今度始まる『判例分析講座』の参考資料らしい。

阪奈:まさか、私たちにも読ませるつもりなのかしら?

流相:そこまでは言っていなかったけど・・・

阪奈:玄人先生のことだから分からないわねぇ。

流相:まぁ、それは講座の中で言ってくれるでしょ。
少なくとも僕たちは『判例百選』は読む必要があるよな。
でも、“百選”って言いながら100以上あるから勉強するのが大変なんだよなぁ・・・
他にも勉強することがあるのにさぁ・・・。

神渡:えっ?
でも私たちは実務家になりたいわけだから、まずは判例の勉強からするのじゃないかしら?

阪奈:そうよ!
実務の世界では、学説がなんて言っていようと、判例が基準よ!
実務界では、判例が羅針盤なのよ!!

流相:そうなんだろうけどさ、
でも実務家が判例を分析した本ってあまりないじゃないか!
『判例百選』だって学者が解説しているのが多いしさ。
実務では判例が基準だ!
って言うんなら実務家が率先して判例分析をすべきじゃないの?

阪奈:正論だけど、実務家は日々の仕事で忙しいのよ。
無茶言わないで・・・。
そこら辺の疑問を解決するために
「判例分析講座」
が開講するんだから、疑問は先生方にすれば良いのよ。
学者の先生だって実務家の判例分析の仕方を知っているでしょうから。
そうじゃないと、判例を批判することなんて出来ないわけだし。

流相:それはそうだな。
疑問点はこの講座で解決するか!
じゃ、神渡さん、またまた一緒に頑張ろうね!

阪奈:(コイツ、いつの間に神渡さんの隣に座ってんの<怒>)

---初回講義へ続く---

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信することができます。

19人の購読者に加わりましょう

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム