憲法・刑法をメイン素材として【論点】を巡る学説を可能な限りシンプルに分析したり、【過去問】の分析などをしてます。 理系からロースクールに入学した女学生・【神渡(カント)さん】と、男性教授・【玄人(クロード)先生】の対話などを主として物語は進みます。 単に学説を分析するだけではなく、その分析結果を過去問や判例の理解にどう活かせるかについても検討する予定です。

同意殺の故意の認識内容―【抽象的事実の錯誤論】2―司法試験【対話式 論点分析】

玄人: Xが被害者Yの同意を得たと誤信して、Yをナイフで刺し、Yを殺した という事例で殺人罪は成立しないが、同意殺人罪は成立する。  その理屈はどうなってる? 流相: 通常、同意殺の認識は殺人罪の不法の量の一部ですから、殺人…

詳細を見る

錯誤論で迷わないために―【抽象的事実の錯誤論】1―司法試験【対話式 論点分析】

神渡: 錯誤論って難しいわね。 阪奈: そうなのよ。様々な知識が必要になるから。 神渡: 玄人先生の講義、今日は抽象的事実の錯誤論よね?  疑問を解決しなくちゃ。 阪奈: 神渡さんは、どっかのヤツとは違って視点が鋭いから凄いと思うわ…

詳細を見る

【対話式】判例分析講座ー“判例の射程”を巡ってー(各論)刑法【承継的共同正犯】

玄人: 判例分析講座の各論が始まる。刑法からだ。意外ではないかな?何故、刑法なのか?と。  これにはちゃんと理由がある。  刑法では、学説の「理論」と「判例理論」との乖離がとても大きい。学説からしたら判例は恣意的以外の何物でもなく、批判…

詳細を見る

【対話式】判例分析講座ー“判例の射程”を巡ってー(総論)完結版

約9,000字 開講 神渡: このロビーって、話をするには最適な場所ね。  ふかふかなソファーが4つもあって、何時間でも座っていられるもの。それに静かだしね。  そうそう、そういえば、『判例分析講座』がいよいよ始まるわね!  阪奈…

詳細を見る

【比較不能な価値】―憲法過去問(平成24年)―【対話】司法試験論点分析・14・終

阪奈: 今の社会の価値観が多様化している以上、私的な価値観を私的な領域に置いておくと、結局大抵のことは私的領域のこととなる…。  またも珍しく鋭いことを流相が言っている…。 流相: だからその一言は不要だから。 払猿: そこは、長谷部…

詳細を見る

第2弾!「防衛の意思の要否・内容」+「山口刑法」理解のポイント

違法性論の第2弾 「防衛の意思」を巡る論点 「防衛の意思の要否」に加え、新たに「防衛の意思の内容」を書下ろし! これで、「防衛の意思」は怖くない。 付録:「山口刑法」理解のポイント 東大刑法の流れを踏まえつつ、山口刑法の神髄に…

詳細を見る

【政教の完全分離は可能か?】―憲法過去問(平成24年)―【対話】司法試験論点分析・13

神渡: ファシズム化について、国家神道・神社神道に罪があったと考えるのか、罪はなかったと考えるのか?ですか…。  難しい…ですね。 払猿: そうですね。神道研究者や神職の方々が様々な議論をしています。  議論を追うこと自体大変ですね。…

詳細を見る

電子書籍化!

当サイトで扱った記事の一部を電子書籍化させていただきました。 刑法総論の違法性論総論です。 具体的内容は下記の目次の通りです。 目次 1 違法性論  1.1. 結果無価値論と行為無価値論の内容  1.2. 主観的違法要素 …

詳細を見る

【対極的な理解】―憲法過去問(平成24年)―【対話】司法試験論点分析・12

流相: 神渡さんは、 政治が教会とさえ結びつかなければ宗教と関係しても“政教分離”には反しないということになります…か? と言っていました。  でも、僕は、教会と宗教は切っても切れない不可分の関係だと思うんです。  です…

詳細を見る

【政教分離ー厳格分離VS緩やかな分離】―憲法過去問(平成24年)―【対話】司法試験論点分析・11

流相: 最高裁の定式では、政教分離に反せず合憲とすることが容易となり、レモン・テストでは、逆に違憲とすることが容易となる。 という違いはどうしてるのでしょうか?  ベクトルの向きが真逆ですよね?同じ政教分離の議論なのに… 払…

詳細を見る

【目的効果基準vsレモン・テスト】―憲法過去問(平成24年)―【対話】司法試験論点分析・10

流相: “急がば回れ”か。  聞いたことはあるな!  でも、自分一人では、回っている間に別の所も回って、結局どこを回っていたか分からなくリ、迷子になるんだよ。  全くの非効率!  だから、この場で解決したい。 払猿: それは良い疑…

詳細を見る

【富平神社事件】―憲法過去問(平成24年)―【対話】司法試験論点分析・9

流相: 富平神社事件ね。  たしか、 市有地上に神社施設が存在する状態を解消するため、無償で使用させていた市有地を町内会に譲与したことの憲法適合性が争われていた(長谷部恭男「憲法判例百選Ⅰ[第6版]』(有斐閣、2013年)112…

詳細を見る

【目的効果基準の射程】―憲法過去問(平成24年)―【対話】司法試験論点分析・8

流相: どう明らかなのでしょうか? 払猿: 神渡さんがおっしゃっていたと思いますよ。 流相: 神渡さん、なんて言った? 神渡: えっと、たしか…  相当とされる限度を超えたかどうかの判断基準として「目的効果基準」を使うという文脈、と…

詳細を見る

参加ブログランキング

応援クリックのご協力お願いします!!
 ↓   ↓   ↓   ↓  
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

Twitter

About CopyRIght

※当ブログにおける文章および内容・キャラクターは当ブログオリジナルのものであり、著作権は当サイトにあります。
商用・私用を問わず当サイトの著作権記載の無い【無断転載・無断印刷・無断複製、模倣および転用】を固く禁じております。

※当サイトは司法試験に関するブログやサイトに限り、リンクフリーです。サイト名とリンクをお間違えの無いようお願いいたします。
また、当ブログへのコメント・トラックバック、クレジット付きのリンク引用などは歓迎しております。
その場合、連絡は不要です。

※不明な点や疑問点、ご指摘等ございましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。


テキストリンクは以下をコピペでどうぞ。
<a href="司法試験分析.com">司法試験分析.com</a>

問い合せフォーム